株式会社メディアクリエイト

お問い合わせご注文フォーム
今週のランキング出版物のご案内事業案内会社案内
HOME > 出版物のご案内 > Digital Entertainment Business > D.E.B.バックナンバー > 第207号

出版物のご案内

出版物のご案内TOP
テレビゲーム産業白書オンラインゲーム白書ゲームユーザー白書ゲーム産業白書Decadeオタク産業白書ネットコミュニティ白書D.E.B.D.E.B.バックナンバー

Digital Entertainment Business D.E.B.

2008年11月5日号 第207号

巻頭特集

PlayStation2の現状
〜データから見たPS2の寿命を把握する〜

これまでゲームマーケットを支えてきたプラットフォームであるPlayStation2。これは誰もが認めるところだと思うが、次世代機、携帯機が発売されてからも現役機としての頑張りを見せてきた。携帯機全盛の今、PS2の状況はどうなっているのだろうか? プラットフォームの寿命はいつ頃までなのだろうか? 弊社のハード&ソフト販売データなどを参考にしながら、PS2の現状を知るとともにその寿命、今後の道筋について考えてみたい。

(以下、本紙にて掲載)


SPECIAL ISSUE








連載

『オンラインゲーム未来予想』 第8回
βテストが持つ意味の変化とユーザー姿勢の変容

『ゲーム開発のグローバライゼーション』 第56回 新清士 氏
日本と北欧諸国との開発手法の差 〜ディスカッションから得ること〜

FOCUS

タレント起用&多角的な戦略プロモーションを実現

東京ゲームショウで多数のタイトルをプレイアブル出展し、来場者を大いに沸かせたセガ。今回は、目前に迫ったクリスマス&年末年始商戦期に一押しとなるタイトルに注目し、どれほどの露出を図っていくのか、どのようにアピールしていくのか、そのプロモーション戦略を探る。時流を掴みつつも、新しい挑戦を忘れないセガの強力ラインナップの多角的プロモーションを紹介していこう。

勢いに乗るXbox 360 一際目立つブースに賑わう来場者

Xbox 360が好調だ。特に、『テイルズ オブ ヴェスペリア』、『インフィニット アンディスカバリー』と有力RPGの登場により、その好調ぶりに拍車がかかってきている。そこで今回は、東京ゲームショウ2008でマイクロソフトが発表した世界に向けた戦略、多数のタイトルで構成されたブース展開に焦点を絞り紹介。どれほどユーザーに支持されてきているのか、Xbox 360の実情を掴む。

(以下、本紙にて掲載)

TOPIX

  • ジャパン・クリエイターズ・フェスティバル 東京コンテンツマーケット2008 クリエイターに焦点を当てたシンポジウムが開催
  • 第2回OGCシンポジウム開催 「CGMは新たな収益モデルを生み出すか?」
  • コミュニティゲーム正式運用に先駆けXNA Game Studio 3.0リリース

その他

  • [CGR] Console Game Research 2008年9月のゲーム市場動向
  • [バイヤーズトレンド] バイヤーが語る最新仕入動向!! 2008年11月発売タイトル
  • [社説] ゲームで季節を感じた懐かしい時代
D.E.B.バックナンバー
 
HOME